日新工機 プール可動床システム   製品に関するご質問等、お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ   日新工機株式会社
すべての人の元気な笑顔を見たいから。
製品紹介
充実装備・オプション
4大特長
導入メリット
ご活用例いろいろ
Q&A
サイトマップ
 
プール可動床システム 5大特長
1.低コストで安全を確保する滑り込み防止板
●特殊リンク機構を採用
分割可動床や部分可動床を採用した際に生じる、固定床と可動床の隙間への侵入事故を防止するために、特殊リンク機構による滑り込み防止板を装備。可動床の昇降に合わせて床下収納部に折りたたまれて格納されるため、収納部のデッドスペースが少なく建設コストを低減できます。
※特許出願中
2.場所も人手もとらない固定柱
●床下収納スイング式固定柱
可動床のメンテナンスや床下の清掃を行う場合には、床を固定するサポート用の支柱(固定柱)を立てる必要があり、作業には人的労力も時間もかかります。そこで日新工機では、固定柱を浮力付きにして床下収納式にすることで作業効率の向上と簡易化を実現。固定柱の別置きスペースや固定作業時の運搬等が不要となりました。運動フロア等として使用する時の可動床の固定も容易にできます。
       
   
※特許出願中
3.強くて安心な床材
●高い剛性の中空構造材を採用
硬質塩ビ性の中空構造床材を幅広(W245×H50)にすることで、局部的な積載荷重においても強度・剛性が向上。また、床材の支持用格子フレーム部材は、耐久性とメンテナンス性に優れたステンレス製(SUS304)溝型鋼の複合構造材を採用しています。
●人にやさしい非鉛素材を使用
床材には、人にやさしく、リサイクル性にも優れる非鉛の塩化ビニール材を使用しています。表面は、転倒防止等に配慮したノンスリップ加工を採用しています。
※特許出願中
4.エンジニアリング企業が提供する駆動装置
●シンプル&高信頼性のシステム
駆動装置は、力強いチェーンドライブ方式。モーターと減速機などの駆動ユニットは、当社独自の技術により1〜2台で対応でき、機械的にも電気的にもシンプルな構造です。信頼性が高くメンテナンス性にも優れている駆動系を採用しています。
●少ない力で動く省エネ設計
25mプール(P-25)で0.4kWを2台、10m(P-10)プールで0.2kWで1台と、省電力の駆動モーターを採用。床材の浮力との連携で、25mプールの場合でも毎分18cmを実現。小さな電力での昇降を可能にしています。
5.遊泳中でもより安心な感電防止対策
●専用の微弱漏電電流検出回路を採用
当社のプール可動床では、感電防止対策として万一、水中に電気が流れ出しても、人は絶対に感電災害に巻き込まれることが無い様に、微弱の漏電電流を検出して電源遮断する回路を標準で実装しています。
※特許出願中
ページ上部へ戻る
Copyright© NISSHIN KOKI Co., Ltd. All Rights Reserved.