事業案内

ステンレス鋼帯用仕上げ研磨ライン

コイル仕上研磨機とは

  1. 表面、裏面同時仕上により均一で良好な製品が高能率に生産できます
  2. 省力化を取り入れたラインです

製品の主な用途

建材用

  • 内装
  • 外装用パネル材
  • エレベーターのドア回り
  • 高級厨房

景観用

  • モニュメント
  • フェンス
  • 門扉
  • 手摺
  • 家具

特長

  1. 製品を1パスで仕上げることができます。(能率向上)
  2. コイル接続部分の自動待避が可能です。(歩留向上、省力化)
  3. 合紙の取り扱いを工夫しています。(省力化)
  4. 独自の創意と工夫で制御性、保全性の向上をはかっています。

全体配置図

全体配置図

基本仕様

被研磨
材料
鋼種 ステンレス冷延鋼鈑(コイル)
表面仕上 2B、2D又は同等品
板厚 0.2~2.0mm
板幅 600~1,300mm
コイル外径 最大外径 2,200mm
コイル重量 最大重量 21ton
仕上品質 JIS No3、No4、HL仕上
ライン速度 6~50m/min
研磨方式 ベルト研磨方式(表面、裏面同時研磨)

※お客様の希望に合わせて設計製作を行い、前後設備を含めた自動化が可能です。